1996年はわたしのエポックイヤー。1月にジョニー・ウォーカーさんの誘いで青山のクラブスペースで行なったパフォーマンスの中で、セクシュアリティのカミングアウトをした。カミングアウトしたくて、機が熟して、高まりを押さえられなかったというのが本心だった。自己肯定出来た喜び。そして、パフォーマンスアートをやっているのに、肝心なセクシュアリティのところだけすっぽかしているのはアーティストとして良くない、許されないとも思っていたから。

《自画像》というタイトルで、自問自答するシーンが形をなしたのは2月の女性センター・らぷらすでの時だった。ところが一大事が起きてしまった。「レズビアン」という言葉を使うシーンがあることが主催者であるらぷらすの担当者に伝わると、その言葉は「使うな」と言ってきたのだった。それは「あなたの存在を認めない」と言っていることだと気がつかないのか。企画を立て持ち込んだ山上千恵子さんは「言いたければ言っていいよ」と言ってくれた。しかし、折角の千恵子さんの仕事が却下されたら、それも困ると悩んだ。そして本番を迎えた。会場の雰囲気は良くて、これなら大丈夫だろうと思い、ぎりぎりのところで「女を愛する女です」と言った。

撮影:芝田文乃 《自画像》第三回日本国際パフォーマンスフェスティバルNIPAF Photos by Shibata Ayano / "Self-portrait"   The 3rd Nippon International Performance Festival (NIPAF), 1996
撮影:芝田文乃 《自画像》第三回日本国際パフォーマンスフェスティバルNIPAF
Photos by Shibata Ayano / “Self-portrait”
The 3rd Nippon International Performance Festival (NIPAF), 1996

観客である市民との中では何も問題ないのに、公の場ではなぜ許されないのか、どこを向いている公なのか。

この事件がわたしのアート感を変えた。メッセージを伝えることもアートの仕事の一部であると。《自画像》 は26回、あらゆるところでやった。

1996 was another important turning point for me. In January, Johnnie Walker invited me to Aoyama Club Space and I “came out” about my sexuality in the performance I did there. I had been wanting to come out about my sexuality and the time was ripe: I could no longer suppress my true feelings. Self-affirmation like this was a great joy. And as a performance artist, I knew it wasn’t good or right to overlook the vitally important question of sexuality.

撮影:芝田文乃 《自画像》第三回日本 国際パフォーマンスフェスティバルNIPAF Photos by Shibata Ayano / "Self-portrait"   The 3rd Nippon International Performance Festival (NIPAF), 1996
撮影:芝田文乃 《自画像》第三回日本 国際パフォーマンスフェスティバルNIPAF
Photos by Shibata Ayano / “Self-portrait”
The 3rd Nippon International Performance Festival (NIPAF), 1996

It was in February at the Women’s Center, Laplace that I was able to express this questioning of myself in “Self Portrait.” But a big problem arose. When I told the organizers that I was going to use the word “lesbian” in one scene, they told me not to. Didn’t they notice that was the same as saying “we don’t recognize your existence”? Yamagami Chieko, who had launched the project, supported me saying, “If you want to you should go ahead.” But I worried whether this would mean Chieko would lose the work she had finally gotten.

When it came time for the performance to start, the atmosphere in the hall was good and I thought it would be ok. I said, “I am a woman who loves women.”

It wasn’t a problem at all for the people in the audience. If the “public” space doesn’t allow this, what does “public” mean?

This incident caused me to change my view of art. Conveying a message is part of the work of art. I performed “Self-Portrait” in 26 different places.

Comments are closed.