わたしは《Rubber Tit》というパフォーマンスをした。高さ2.5mのゴム製のオッパイがプールの中で跳ねまわったのに触発された10代の男子たちが、ダイブして、大きな破裂音とともに一瞬のうちに割ってしまった。パフォーマンスが終わった後だったから許してやったが。その後修理したゴムオッパイはあちこちに出没してゆく。LGBTパレード、東京都知事選の街頭行動などなどへ。

もともと国際基督教大学学生のタイチさんが、わたしのパフォーマンスを学内に持ち込みたいと言って来たことが事の始まりだった。CGS(ジェンダー研究センター)が参加する企画だという。タイチさんの意気込みに動かされたわたしは、《Rubber Tit》を創った。

撮影:芝田文乃 《Rubber Tit》  アートコンファレンスGAZE Photos by Shibata Ayano / "Rubber Tit"  Art Conference GAZE (event), 2006
撮影:芝田文乃 《Rubber Tit》 アートコンファレンスGAZE
Photos by Shibata Ayano / “Rubber Tit” Art Conference GAZE (event), 2006

レズビアン・ゲイだけでは収まらないバイセクシャル、トランスジェンダー、トランスセクシャル、インターセックス、ジェンダーXを含むセクシュアルマイノリティの顕在化が、ゴムオッパイ、しかも単体のゴムオッパイを創らせた。乳房へのさまざまな愛着を越えて、蹴飛ばしてやりたい衝動をつくりだす。それには柔らかいが大きなゴムオッパイが必要だった。

I performed Rubber Tit. Some teenage boys got a bit wild and dove onto 2.5 meter high rubber tit sitting on the floor of the pool. With a loud boom, it exploded in a split second. As the performance was already over, I forgave them and later repaired it; the big rubber tit went on to make many appearances in LGBT parades, a march before the Tokyo Gubernatorial election, etc.

It all started when Taichee, a student at International Christian University asked me to do a performance on campus. He said the Center for Gender Studies would co-sponsor the event. Spurred on by Taichee’s enthusiasm, I created the giant rubber tit.

撮影:芝田文乃 《Rubber Tit》  アートコンファレンスGAZE Photos by Shibata Ayano / "Rubber Tit"  Art Conference GAZE (event), 2006
撮影:芝田文乃 《Rubber Tit》 アートコンファレンスGAZE
Photos by Shibata Ayano / “Rubber Tit” Art Conference GAZE (event), 2006

It was the emergence of not just gays and lesbians, but also other sexual minorities including bi-sexual, transgender, transsexual, intersex and gender X people that inspired me. I needed something that would make people go beyond all sorts of attachments to “breasts,” something that would stir the impulse to break out of boundaries. It was this giant, soft rubber tit.

Comments are closed.