Rubber Tit

2006.9
撮影: Guy L’tteureux 《Rubber Tit》Viva! Action
Photo by Guy L’tteureux / "Rubber Tit" Viva! Action, 2006

わたしは《Rubber Tit》というパフォーマンスをした。高さ2.5mのゴム製のオッパイがプールの中で跳ねまわったのに触発された10代の男子たちが、ダイブして、大きな破裂音とともに一瞬のうちに割ってしまった。パフォーマンスが終わった後だったから許してやったが。その後修理したゴムオッパイはあちこちに出没してゆく。LGBTパレード、東京都知事選の街頭行動などなどへ。

read more

あなたをわすれない

I will not forget you

2005.11
撮影:アンナ シヅェンスカ《あなた を忘れない》in クラコフ
Photos by Anna Syczenska "I will not forget you" in Krakow, 2005

このフェスティバルはポーランドのピョートルクフ・トルィブナルスキという街で行なわれ、またその関連イベントとしてクラコフでも開催された。初めてのポーランドだ。《あなたを忘れない》という日本の軍隊が組織した性奴隷についてのパフォーマンスを、ポーランドの人々はどのように見てくれるだろうか。歴史を共有していないポーランドの観客に少しでも糸口を知ってもらおうと、短い英文を急遽つくって、入り口に貼った。日本軍「慰安婦」の金順徳さんが亡くなって、オマージュとして創ったパフォーマンスだ。かつて順徳さんがわたしのパフォーマンスを見て感想を述べてくれた時にも行なった、身体のパーツをふくらませる行為、順徳さんと姜徳景さんがそのつらい体験を描いた絵を背景に玉ねぎの皮を剥きつづける行為、そして「失礼な握手」を観客とする行為によって成り立つパフォーマンスだ。「失礼な握手」とは、普通に握手をしたのに、一方的に力を抜かれてしまう握手だ。これは、順徳さんとわたしたちの和解の握手ではない。わたしが慰安婦の方々が何度も何度も味わったであろうと想像することを、握手という行為に託した。期待しても期待しても尊厳を回復させて貰えない彼女たちの無念さを想像して、自分に投影してみようとする行為なのだ。握手をした人たちは皮膚を通して、無視される感覚を味わう。

read more

虹色の人々

People in Rainbow Colors

2004.2
撮影:芝田文乃 《虹色の人々》シアターX 
Photos by Shibata Ayano / "People in Rainbow Colors?" Theater X, 2004. 8. 16

このパフォーマンスはセクシュアリティを扱った四作目のシリーズだ。《自画像》《わたしを生きること》《恐れはどこにある》のシリーズを毎回少しずつ変化させながらセクシュアルマイノリティであることについて表現してきた。日本社会の中で他のマイノリティの人たちはどのように生きているのだろうか。韓国に度々訪問するようになって歴史に目を向けだしたわたしは、在日の人々のことを知りたいと思うようになっていた。この頃すでに「ちゃめ」がPA/F SPACEをつかいはじめたために、一気に在日の女性たちと親しくなっていった。それにつれて、彼女たちが抱えた問題もわたしに届くようになっていった。植民地時代に創氏改名させられた朝鮮人は戦後も日本で生きてゆくためには、日本語の名前を使わなければ、生きにくい現実を背負わされているという現実と、匿名で呼び合うセクシュアルマイノリティが本名が知れたときに起きる問題を抱えている現実が重なり合う。異なる位相なのに一緒にするとはと違和感を持つ人もいるかもしれない。しかし、当事者の生きにくさ、差別されることの痛みを想像してほしい。虹色レインボーはセクシュアルマイノリティのシンボルだ。「人は多様でいいでしょ」という意味が込められている。このパフォーマンスは、関係者に名前のことでぶち当る問題が実社会で起きたため、続けることをやめた。

read more

恐れはどこにある

Where is the fear?

2001.1
撮影:芝田文乃《恐れはどこにある》ディプラッツ  
Photo by Shibata Ayano  / "Where is the Fear?" at Die Pratze, 2001

セクシュアルマイノリティをテーマにしたシリーズの三作目のパフォーマンスで、「越境する女たち21」展で初めて行なった作品だ。

read more

わたしを生きること

Me Being me

1998.11
撮影:松本路子《わたしを生きること》「ラヴズ・ボディ—ヌード写真の近現代」展
Photo by Matsumoto Michiko / "Me Being Me" Love's Body—Rethinking Naked and Nude  in Photography (exhibition), 1998

1991年に笠原美智子さんがキューレートした「私という未知へ向かってー現代女性セルフポートレート」展と「アメリカン・ドキュメンツ 社会の周縁から」展を続けて見たわたしは、自分の事を語る表現というものが存在し、しかもそれが肯定的に扱われてしかるべきだという意思を見せてもらった。「ジェンダー」という言葉が登場したばかりで、わたしも、今までのモヤモヤが解消され、これを指標に生きていける!という確信に力がみなぎらせていた、そんな時だった。とりわけ社会の周縁にいる女性アーティストたちが溢れるばかりに自分を表象する姿に共感した。

read more

自画像

Self-portrait

1996.1
撮影:芝田文乃 《自画像》第三回日本国際パフォーマンスフェスティバルNIPAF
Photos by Shibata Ayano / "Self-portrait"  
The 3rd Nippon International Performance Festival (NIPAF), 1996

1996年はわたしのエポックイヤー。1月にジョニー・ウォーカーさんの誘いで青山のクラブスペースで行なったパフォーマンスの中で、セクシュアリティのカミングアウトをした。カミングアウトしたくて、機が熟して、高まりを押さえられなかったというのが本心だった。自己肯定出来た喜び。そして、パフォーマンスアートをやっているのに、肝心なセクシュアリティのところだけすっぽかしているのはアーティストとして良くない、許されないとも思っていたから。

read more

ディスタント スキンシップ

Distant Skinship

1995.5
撮影:西村燎子《ディスタントスキンシップ》国立にて
Photo by Nishimura Ryoko / "Distant  Skinship"  in Kunitachi 1995. 5. 12

思っ立ったが吉日、ウィメンズアートネットワークWomen’s Art Net Work(WAN)とまずは命名し、さっそく企画を立てたのだった。4組の女性によるパフォーマンスのイベント「ディスタントスキンシップ」だ。当時女性でパフォーマンスをやっている人はほとんど居なかった中、小林テレサさんに出会い、カナダ・ウニペッグのショウナ・デンプシーとローリー・ミランから「日本に行きたい」という葉書が舞い込み、演劇だけどはっきりと女性の視点で作品をつくっていた「リリスの足」が参加すると言ってくれて、「女性によるアート」と銘打つプロジェクトが始まった。afaはなくなっていたけれど、そこで知り合った山上千恵子さん、安藤能子さんが手伝ってくれた。パフォーマンスではたくさんのリカちゃん人形をゴムのタンクトップのなかに詰め込み、「ジャンプ」をすることによってバラバラと振り落とすアクションが続いた。ステレオタイプな女を表象する物を取り入れたパフォーマンス、わたしにとってかなりのジャンプに違いなかった。

read more

FACE

1992.9
撮影:イトー・ターリ 《FACE》1400デュポン ストリート 2点
Photos by Ito Tari / “FACE” 1400 Dupont  street (event), 1993

どこでやろうかと聞かれて、即座に1400 Dupont streetが良いと答えた。アーティストのアイコスズキのアトリエがあって訪ねたことがあり、パフォーマンスにうってつけのスペースと思っていたからだ。工場だった古い木造の建物には真ん中に広い空間があり、その回りにアトリエが並んでいた。

read more

表皮の記憶

The Memory of the Epidermis

1989.5
《表皮の記憶》 in カナダ 2点
”The Memory of the Epidermis” in Canada (photos: unknown), 1990

会場は高田馬場のプロトシアターProto Theater。床に敷かれたシートをはがすとコンクリートの床が現れて、かなりの事が出来る。つまり水を使おうが、大きな音をだそうが文句が出ない場所だった。わたしは48平方メートルの床全面にゴムを塗り、皮膜を作った。さらにゴムスーツを着、黒い覆面のようなゴム切れはしで顔を隠し、すっかりゴムフェチと化していた。時代はバブルが弾けたといってもまだまだ、金余りの風潮が世間を支配していた時代で、だからこそ、パフォーマンスアートというダイレクトな表現に身を寄せ合った者たちが存在していたのだった。パフォーマンスアートは身体が媒体であるため、大した作品でもないのに買い手が付いた美術世界とは一線を画していた。

read more