このフェスティバルはポーランドのピョートルクフ・トルィブナルスキという街で行なわれ、またその関連イベントとしてクラコフでも開催された。初めてのポーランドだ。《あなたを忘れない》という日本の軍隊が組織した性奴隷についてのパフォーマンスを、ポーランドの人々はどのように見てくれるだろうか。歴史を共有していないポーランドの観客に少しでも糸口を知ってもらおうと、短い英文を急遽つくって、入り口に貼った。日本軍「慰安婦」の金順徳さんが亡くなって、オマージュとして創ったパフォーマンスだ。かつて順徳さんがわたしのパフォーマンスを見て感想を述べてくれた時にも行なった、身体のパーツをふくらませる行為、順徳さんと姜徳景さんがそのつらい体験を描いた絵を背景に玉ねぎの皮を剥きつづける行為、そして「失礼な握手」を観客とする行為によって成り立つパフォーマンスだ。「失礼な握手」とは、普通に握手をしたのに、一方的に力を抜かれてしまう握手だ。これは、順徳さんとわたしたちの和解の握手ではない。わたしが慰安婦の方々が何度も何度も味わったであろうと想像することを、握手という行為に託した。期待しても期待しても尊厳を回復させて貰えない彼女たちの無念さを想像して、自分に投影してみようとする行為なのだ。握手をした人たちは皮膚を通して、無視される感覚を味わう。

《あなたを忘れない》in ピュートルクフ トルィプナルスキ  "I will not forget you" in Piotrkow Trybunalski  (photos:  unknown), 2005
《あなたを忘れない》in ピュートルクフ トルィプナルスキ
“I will not forget you” in Piotrkow Trybunalski (photos: unknown), 2005

8th International Art Action Festival Interakcje was held in the Polish town of Piotrkow Trybunalski; some events were held in Krakow. It was my first trip to Poland. I wondered how a Polish audience would react to I will not forget you, a performance about the system of sexual slavery established by the Japanese military during WWII. I prepared a short explanation in English for Polish viewers who didn’t know about this history.

《あなたを忘れない》in ピュートルク フ トルィプナルスキ  "I will not forget you" in Piotrkow Trybunalski (photos:  unknown), 2005
《あなたを忘れない》in ピュートルク フ トルィプナルスキ
“I will not forget you” in Piotrkow Trybunalski (photos: unknown), 2005

I had created this performance to pay homage to Kim Soon-Duk who had passed away. Kim had once commented on an earlier version of the performance that consists of several actions: inflating the female body parts attached to my rubber suit, peeling raw onions in front of a screen on which paintings by Kim Soon-Duk and Kang Dokkyan are projected, and finally my “impolite” handshakes with members of the audience. This “impolite’ handshake starts in the usual way (with a firm grip of the hand), but then I suddenly let go. This is not the handshake of reconciliation that Kim and Kang might have hoped for. Through this gesture I tried to express the experience I imagine the “comfort women” had over and over again when their hopes of having respect restored to them were raised and then repeatedly dashed. I tried to project what that might feel like onto myself. I wanted us to feel what it is like to be ignored through skin.

撮影:アンナ シヅェンスカ《あなた を忘れない》in クラコフ Photos by Anna Syczenska "I will not forget you" in Krakow, 2005
撮影:アンナ シヅェンスカ《あなた を忘れない》in クラコフ
Photos by Anna Syczenska “I will not forget you” in Krakow, 2005

Comments are closed.