思っ立ったが吉日、ウィメンズアートネットワークWomen’s Art Net Work(WAN)とまずは命名し、さっそく企画を立てたのだった。4組の女性によるパフォーマンスのイベント「ディスタントスキンシップ」だ。当時女性でパフォーマンスをやっている人はほとんど居なかった中、小林テレサさんに出会い、カナダ・ウニペッグのショウナ・デンプシーとローリー・ミランから「日本に行きたい」という葉書が舞い込み、演劇だけどはっきりと女性の視点で作品をつくっていた「リリスの足」が参加すると言ってくれて、「女性によるアート」と銘打つプロジェクトが始まった。afaはなくなっていたけれど、そこで知り合った山上千恵子さん、安藤能子さんが手伝ってくれた。パフォーマンスではたくさんのリカちゃん人形をゴムのタンクトップのなかに詰め込み、「ジャンプ」をすることによってバラバラと振り落とすアクションが続いた。ステレオタイプな女を表象する物を取り入れたパフォーマンス、わたしにとってかなりのジャンプに違いなかった。

撮影:西村燎子 《ディスタントスキンシップ》藤野にて 2点 Photos by Nishimura Ryoko /  in Fujino, 1995. 5
撮影:西村燎子 《ディスタントスキンシップ》藤野にて 2点
Photos by Nishimura Ryoko / in Fujino, 1995. 5

So I decided it was my lucky day and started up the Women’s Art Network (WAN), and began planning an event. It was to be called “Distant Skinship,” a performance event by four soro or groups of women.

At a time when there were almost no women performance artists, I met Tei Kobayashi, and then Shawna Dempsey and Lori Milan wrote saying they wanted to come to Japan. Then the theater group “Lilith no ashi” said they wanted to join, so we started a project called “art by women.” afa had dissolved, but Yamagami Chieko, Ando Yoshiko and others I had met there offered their help.

撮影:西村燎子 《ディスタントスキンシップ》藤野にて 2点 Photos by Nishimura Ryoko / “Distant  Skinship” in Fujino, 1995. 5
撮影:西村燎子 《ディスタントスキンシップ》藤野にて 2点
Photos by Nishimura Ryoko / “Distant Skinship” in Fujino, 1995. 5

In my performance, I crammed lots of Rika-chan dolls into my latex rubber tank top, and jumped up and down so the dolls would fall all over the place. It was a big “jump” for me to use objects that represent stereotypes of women in a performance.

Comments are closed.