1991年に笠原美智子さんがキューレートした「私という未知へ向かってー現代女性セルフポートレート」展と「アメリカン・ドキュメンツ 社会の周縁から」展を続けて見たわたしは、自分の事を語る表現というものが存在し、しかもそれが肯定的に扱われてしかるべきだという意思を見せてもらった。「ジェンダー」という言葉が登場したばかりで、わたしも、今までのモヤモヤが解消され、これを指標に生きていける!という確信に力がみなぎらせていた、そんな時だった。とりわけ社会の周縁にいる女性アーティストたちが溢れるばかりに自分を表象する姿に共感した。

撮影:芝田文乃《わたしを生きること》トキアートスペース Photo by  Shibata Ayano / "Me Being Me" TOKI Art Space, 1999
撮影:芝田文乃《わたしを生きること》トキアートスペース
Photo by Shibata Ayano / “Me Being Me” TOKI Art Space, 1999

これらの展覧会の流れを汲む「LOVE’S BODYーヌード写真の近現代」に参加出来た事は、私にとって大きなエポックだった。「自画像」でカミングアウトしたあと、その背後にあるものを突き詰める機会を与えられたと思った。パフォーマンスのなかで、賛否両論あった「家父長制」「異性愛中心主義」という言葉を持ち込んで、レズビアンの社会的ポジションを明らかにしようとした。美術館で日本人のレズビアンだと公表しているアーティストが紹介されるのは初めてのこと、自ずと熱くなった。そして、《わたしを生きること》というパフォーマンスを作った。ラテックスゴムで作った大きなヴァギナを壁から剥がすことで、少々グロテスクなレズビアンのファンタジーを語りたかった。偏見からしか語られない同性愛を愛の対象にしたかった。

撮影:松本路子《わたしを生きること》「ラヴズ・ボディ—ヌード写真の近現代」展 Photo by Matsumoto Michiko / "Me being Me" Love's Body—Rethinking Naked and Nude  in Photography (exhibition), 1998
撮影:松本路子《わたしを生きること》「ラヴズ・ボディ—ヌード写真の近現代」展
Photo by Matsumoto Michiko / “Me being Me” Love’s Body—Rethinking Naked and Nude in Photography (exhibition), 1998

Seeing Kasahara Michiko’s two 1991 exhibitions Exploring the Unknown Self-portraits of Contemporary Women and American Document-on the fringe, helped me both to realize many things I wanted to express about myself and to understand that these things should be expressed positively. The word gender was just appearing on the scene, and my own muddled thoughts started to clear; I thought yes, I’ll aim for this! I had something in common with these women on the margins who were overflowing with new forms of self-expression.

撮影:松本路子《わたしを生きること》 トキアートスペース Photo by  Matsumoto Michiko / "Me Being Me" TOKI Art Space, 1999
撮影:松本路子《わたしを生きること》 トキアートスペース
Photo by Matsumoto Michiko / “Me Being Me” TOKI Art Space, 1999

Participating in Love’s Body, an exhibition that that evolved out of Kasahara’s earlier shows, was critically important for me. It gave me a chance to probe more deeply into the issues after “coming out” in Self-portrait, and I introduced much-discussed words like “patriarchy” “heterosexism” to shed light on the position of lesbians in society. As this was the first time a Japanese woman artist who had come out publically as lesbian would be introduced in such an art museum, I was excited. I created the performance, Me Being Me.

撮影:松本路子 トキアートスペースにて Photo by Matsumoto Michiko / TOKI Art Space, 1999
撮影:松本路子 トキアートスペースにて
Photo by Matsumoto Michiko / TOKI Art Space, 1999

I wanted to convey a slightly “grotesque” lesbian fantasy and made a giant vagina of rubber and hung it on the wall. I would make lesbian love itself, so often referred to with prejudice, the object of my loving desire.

Comments are closed.