6月14日から29日まで開催した呉夏枝さんの展覧会は、ここ数年を集大成する大切な作品とご本人が語っておられましたが、まさに立ち会う者にすがすがしさすら感じさせる凛とした展示でした。

「記憶をまとう」 呉夏枝

1993年、済州島へ、祖母たちの帰郷の旅

地図すら見る事もなく想像した「島」

島は私の何かを喚起する

2004年、はじめて訪れた済州島

祖母と母のチマ・チョゴリをまとう

島の風をはらむチマ

 それらの記憶をつむいでみる

その糸はいつしか私の皮膚となる

撮影::山本糾 ©HajiOH
撮影::山本糾 ©HajiOH

会期:2014年6月14日(土)~6月29日(日)

時間:12:00~18:00 (金土は20:00まで)会期中無休

観覧料:500円

場所:小金井アートスポットシャトー2F

主催:「問いかけながら道をゆく」展実行委員会

共催:平成25年度科学研究費基盤研究(A)『トラウマとジェンダーの相互作用:精神病理・逸脱・創造性』(研究代表者:一橋大学大学院社会学研究科 宮地尚子)/ NPO法人アートフル・アクション

アーティストへの助成:公益財団法人韓昌祐・哲文化財団

◉インスタレーション展示:この展覧会のために制作した新作を展示します。

◉トークイベント:

日時:6月15日(日) 15:30~17:30

場所:前原暫定集会施設(小金井市前原町3-33-27)

アクセス:http://www.fsifee.u-gakugei.ac.jp/gp/pdf/H20/event/map_maehara.pdf

スピーカー:呉夏枝/宮地尚子

「アート、トラウマ、アート、トラウマ、ほどく精神の営み」

着物でもチマ・チョゴリでもないものをつくることから始まり、編み物をほどく/ほぐす行為を「他者」としておこなう呉夏枝の精神の営みと、トラウマの地政学=環状島に息を吹き込む宮地尚子の精神の営みを体験します。

そして、会場のみなさまとのフリーな会話の場に広げてゆきます。

会費:500円(展示入場共通チケット1,000円有り)

*トークイベントではノートテークを行ないます。ご希望の方はお申し込みください。

◉ワークショップ

日時:2014 年6月22日(日)10:00~16:00
 小金井アートスポットシャトー2F

持ち物:着なくなったニット(既製品を持参される場合は、構造上ほどけないものがありますので、数着ご持参ください。)

参加費:700円(お飲物をご用意します)

定員:10名

昼食をご持参ください。

お申し込み、お問い合わせ:電話(042-384-2569)またはEメール(info@chateau2f.com

記憶をたどるワークショップ「編み物をほどく/ほぐす」

ーほどいてもよい、タンスに眠るニットをご持参くださいー

呉夏枝は、「語られなかった記憶」「言葉にできない記憶」について探求し、織る/ほぐす/結ぶという手法で作品制作を行ってきました。「編み物をほどく/ほぐす」は、家庭のタンスに眠る編み物と、編み物にまつわる地域の女性たちのストーリーを集めるリサーチとして大阪、西成地域を拠点にBreaker Projectの活動としてスタートし、100 着におよぶ編み物を地域の方と協働作業でほどくというプロセスをへて、インスタレーション作品へと結実しました。

小金井のワークショップでは、着なくなった手編みのニットなどの編み物を持参していただき、編み物をほどきながら、それにまつわる個々の記憶をほりおこし、ほどいた毛糸を再び糸玉へともどしていきます。

◉オープニングパーティー

日時:6月15日(日) 18:30~21:00

場所:展覧会会場のカフェにて行ないます。

会費:1,500円(飲み物代別)恒例桜井シェフの美味しい料理による

article: 図書新聞3165号 THE BOOK REVIEW PRESS 2014.7.5

「無数無名の埋もれた記憶を自らの生きる証につなげていく再生のプログラム」古川美佳

 

 

 

News

Comments are closed.